スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ、東京モーターショー出展車を発表 目玉は「ハイブリッド水素」

松田龍平/プルコギ-THE焼肉MOVIE-
 マツダは2日、今月24日から開かれる東京モーターショーの出展概要を発表した。目玉はスポーツタイプのコンセプトカー「大気」=写真=と新型の水素自動車「プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」。いずれも“未来形”のスポーツカーと環境対応車で、ショーでは話題を呼びそうだ。

 コンセプトカーは「空気の流れが目に見える」(マツダ)ような機能美を追求。羽衣が風にたなびく様子をイメージし、空気抵抗を受けにくいデザインとした。具体的な商品化の計画はないものの、2010年以降に導入予定の次世代ロータリーエンジンを搭載しており、将来のマツダのスポーツカーの形を示すクルマとなっている。

 一方、新型水素自動車はマツダのミニバン「プレマシー」がベース。水素を直接燃焼させる「水素ロータリーエンジン」に加えて、電気モーターも動力源とするハイブリッド車に仕上げた。従来の水素カーから走行可能距離や加速性能を大幅に向上しており、来年度にもリース販売を開始する予定だ。

 マツダは、各社が開発中で同じ水素を燃料とする燃料電池ではなく、「コストや実現性を考慮して」(開発担当者)、水素エンジンに注力している。昨年からはスポーツカー「RX-8」をベースにした水素カーをリース販売している。
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。