スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スーパーアグリF1】富士で雨が降ればスルスルっと…

佐藤琢磨 ヘルメットピンバッジ 2007

25日、ホンダの日本GP直前記者会見にはスーパーアグリ・ホンダ(SUPER AGURI F1 TEAM=SAF1)関係者も登場。鈴木亜久里チーム代表は、観客には悪いが、雨になれば、意外な展開もありえる、と。

●佐藤琢磨 / SAF1

「昨年、なんとか“レースをする”ことが大目標、というところから始まって、日本GPから最終戦のブラジルGPでいい流れをつくることができた。それを07年につなげたかったんですよ」

「そして今年はローラーコースターのようにアップダウンの激しいシーズンになったけど、それはつまり、僕たちのチームがコンペティティブな(競争の)世界に入っていけたことの証明でもあると思います」

「シーズン後半は厳しい戦いが続いているけれど、日本GPでは僕たちのチームがもっている力をすべて発揮して、いいレースをしたい。そして、レース展開に“よいサプライズ”があればいいんですけどね。初めての富士、楽しみです」

●アンソニー・デビッドソン / SAF1

「もうすぐ終わってしまうのが惜しいくらいに、2007年は良いシーズンだった。(チームにとって)夢にも見ていないような、期待以上のシーズンだったと思う。僕にチャンスをくれた亜久里サンとチーム、ホンダに感謝したい」

「それに、F3時代からの良きライバルである琢磨がチームメイトだったんだからね、エキサイティングなシーズンだったよ!」

「日本のファンにも感謝している。彼らに『小さいチームでもこんなことができるんだよ!』ってところを、富士で見せたいね」

●鈴木亜久里 / SAF1代表

「アッという間に2年目の日本GPが来た、という感じですね...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。