スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「警備会社シールのある所は金がある」 窃盗団リーダー供述

☆今度はターボ付き☆【みんなの思いがひとつになった】ダイハツ タントカスタム VSターボ ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000948-san-soci
 警察庁から「重要指名手配容疑者」に指定され、事務所荒らしを繰り返したとして京都府警などが逮捕した広域窃盗団のリーダー、渡辺孝吉容疑者(38)=大阪府羽曳野市=が、「警備会社との契約を示すシールがある事務所には金があるので狙った」と供述していることが1日、わかった。渡辺容疑者は侵入から逃走までを5分間と定めており、「犯行が短時間なら捕まらない」と豪語。防犯効果を狙ったシールを逆手に取った犯行に、警備会社も困惑している。

 府警と兵庫県警、警視庁の合同・共同捜査班は今年5月、兵庫県西宮市のマンション駐車場で乗用車(時価約120万円相当)を盗んだとして渡辺容疑者を逮捕した。また、京都や東京、大阪など24都府県で計10億円余の事務所荒らしを繰り返したとしてほかにもメンバー34人を逮捕している。

 渡辺容疑者はその後の調べに対し、「警備会社と契約している大型スーパーや事務所には金があると思い、危険を冒してでも狙った」と犯行の手口を詳述していることが判明した。

 これまでの調べでは、グループは犯行時間を5分間までと定め、仲間が時間を計測。盗みの成功・失敗にかかわらず、警察や警備会社社員が現場に到着するまでに現場を離脱し、逃走用車両には馬力がある地元ナンバーのワゴン車を用意するなど周到に計画していた。

 府警などは1日、福井県内で中古車販売会社から盗んだ自動車を使い、同県内の大型スーパー事務所から現金約1200万円の入った金庫を盗んだなどとして渡辺容疑者を再逮捕...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。