スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月新車 新型車の販売好調 「ワゴンR」7カ月連続首位

ヒッツ・オン TV~プレシャス/オムニバス[CD]【0928店舗限定】
 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した8月の車名別新車販売台数(商用車除く)によると、スズキの軽自動車「ワゴンR」が前年同月比6・4%増の1万4835台で7カ月連続の首位となった。6月27日に発売されたトヨタ自動車のミニバン「ヴォクシー」「ノア」などが販売台数を伸ばし、新型車が市場全体を下支えする構造が鮮明となっている。

 新型車では、日産自動車のSUV(スポーツ多目的車)「エクストレイル」(発売日8月22日)が前年同月実績の約3倍、トヨタのセダン「プレミオ」(同6月4日)が同約2倍と大幅に販売を拡大。トヨタの「ヴォクシー」「ノア」もそれぞれ51%増、76・5%増と伸ばした。

 トップ20には入らなかったが、富士重工業のハッチバック車「インプレッサ」(同6月5日)が約9倍の1824台、三菱自動車の新型セダン「ギャラン フォルティス」は8月23日の発売から1週間で882台と月間目標販売台数の1000台に迫る好調な出足となった。

 今年は10月末開催の東京モーターショー前後に、さらに多くの新型車が発売される見通しで、市場がさらに活性化しそうだ。ただ、昨年10月に投入されたトヨタの新型「カローラ」の販売台数が8月はマイナスとなるなど新型車効果が1年と続かないケースもあり、新型車の好調をどう維持するかがメーカー各社の課題となりそうだ。また、8月は新型車以外も含めて上位20車種中、12車種が前年同月の販売台数を上回った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。