スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無線で情報相互交換 日産が先進安全自動車

トミカ リミテッドヴィンテージシリーズLV-50a「ニッサン スカイライン バン(白)」
 日産自動車は27日、無線通信機を搭載した複数車両が相互に情報を交換して危険を回避する機能を強化した先進安全自動車「日産ASV-4」を開発したと発表した。交通事故の低減に向けて安全技術の開発・実用化を目指す国土交通省のプロジェクトに生かす。

 ASV-4は、見通しの悪い交差点での出合い頭の事故など判断が難しい場面でドライバーの運転を支援する機能を採用した。交差点で一旦停止し、再発進する場合、ドライバーが見落とした危険を察知し、警告音とモニター内のアイコンなどで注意を喚起、安全運転を支援する。

 日産は、国交省の開発活動に参加し、車両間の相互通信機能を搭載した車両の実用化を目指している。
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。