スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽のCVTが目玉 ダイハツの宣伝戦略

ソフト99 F-97 NEW タッチペン 12ml
   ダイハツ工業が無段式自動変速機「CVT」をメーンに据えた軽乗用車の宣伝活動を展開している。最大のライバルであるスズキとの販売台数の差を広げ、さらに競合車種であるコンパクトカーの新車攻勢に打ち勝つことが狙い。2007年6月から放映しているダイハツのテレビCMには、「CVT泳法」をマスターしたおかしなスイマーが登場。そのCMも8月後半から第2弾の放映を開始した。女性の消費者に「CVTはなんだかすごい」「CVTはダイハツ」というイメージを浸透させ、燃費に優れたCVT搭載車で販売量を確保する戦略だ。 燃費で優位に立つのがCVT搭載車   消費者が車両購入時に軽自動車を選ぶ理由のひとつに「燃費の良さ」がある。   日常生活の足代わりとして車を購入する場合、車格やブランドに対するこだわりよりも販売価格や維持費の安さ、燃費のよさが優先されることは多々あること。07年3月までの軽自動車市場の拡大は、ガソリン価格高騰を気にする消費者が、燃費に対する関心度を高めたことも影響している。   その燃費で優位に立つのがCVT搭載車だ。多段式自動変速機のATよりも発進や加速が滑らかなため、手動式変速機のMTと同等かそれ以上の燃費を誇る。   例えば06年12月にフルモデルチェンジしたダイハツ「ミラ」の10・15モード燃費(国土交通省審査値)は、ガソリン1lあたりの走行距離が3速ATでは21km、4速ATは22km、MTは25kmであり、CVTは25.5kmという数値だ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。