スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジル窃盗団:1億1000万円分裏付け、10人逮捕--茨城、栃木両県警 /茨城

ECLIPSE(イクリプス)バックアイカメラ [BEC107]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000006-mailo-l08
 茨城、栃木両県警の合同捜査班は26日、日系ブラジル人の窃盗グループが、茨城や栃木、愛知などの5県で、駐車した車や無人になった店から盗みなどを繰り返していたとして、1136件被害総額1億1000万円分を裏付けたと発表した。栃木県小山市城東4の自動車部品製造工、コサカ・アラン・アパレシド・フェレイラ容疑者(25)を同日、盗品等有償譲り受けの疑いで逮捕。一連の事件での逮捕者は10人となった。
 調べでは、コサカ容疑者は06年9月15日、仲間の男(23)が盗んできたカーナビゲーション(時価16万円相当)2台を10万円で買い取った疑い。コサカ容疑者は「身に覚えはない」と容疑を否認しているが、カーナビは滋賀県在住の日系ブラジル人に転売され、インターネットのオークションで売却されていたという。
 日系ブラジル人の窃盗団は覚せい剤仲間で、03年2月から今年2月にかけて、3~4人で犯行に及んでいた。金目の物だけでなく、菓子や縫いぐるみまで、車から持ち出せるものはすべて盗むのが特徴という。
 5月までに逮捕された4人は「やっているのはおれだけじゃない。みんな捕まえてくれ」などと供述しているといい、合同捜査班は窃盗団の全容解明を進める。【立上修】

9月27日朝刊

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。