スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観音開きドアの“ちょっと長い”ミニ「MINI Clubman」

【送料無料】税込み4本SET販売価格!限定!ブリヂストン BLIZZAK REVO2 205/50R17 アルミホ...
 BMWは、ドイツで開催されているIAAフランクフルト国際モーターショーで9月12日(現地時間)、コンパクトカー「ミニ」の新ラインアップとしてルーフラインを延長した「MINI Clubman(ミニ クラブマン)」を発表した。ドイツ国内では、11月10日から販売を開始する。

【他の画像が掲載された記事】

 独創的なプロポーションで1960年代を彩った「モーリス・ミニ・トラベラー」「オースチン・ミニ・カントリーマン」「ミニ・クラブマン・エステート」をルーツに、新世代のスタイリングを施したMINI最新バージョン。通常の2ドアに加えて右側にクラブドアと呼ばれる観音開き式のドア(分割式ドア)を装備。通常のミニ(3ドアハッチバック)と比較して全長を240ミリ・ホイールベースを80ミリ延長することで後席足元のスペースを拡大。ラゲッジルームの容量も260~930リットルを確保している。後席のバックレストは分割可倒式。

 ルーフ・トリムと同色のリアドアフレームや40種類以上の組み合わせが可能なカラーコンビネーションなど、室内外ともに幅広いカスタマイズが可能なオプション装備品とアクセサリーを用意した。

 ドイツ国内で発売されるのは「MINI Cooper S Clubman」「MINI Cooper Clubman」「MINI Cooper D Clubman」の3車種。MINI Cooper S Clubmanは、ツイン・スクロール・ターボチャージャーと燃料直接噴射装置を装備した4気筒1.6リッターのガソリンエンジンを搭載...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。