スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイハツ、「軽」で初の1位 スズキの巻き返しなるか

愛車を守るトヨタ・ダイハツ純正タイプ★セキュリティ★多数機能有

   2006年度の軽自動車販売台数で、ダイハツ工業は前年度比4.1%増の61万6,206台となり、スズキの60万5486台(同3.2%減)を抜いて、軽自動車販売1位の座をついに奪い取った。33年もの間、1位を守り続けたライバルのスズキが、06度年は軽より輸出向け小型乗用車の生産を優先し、「軽」一辺倒から抜け出そうとしている事情もあったが、軽人気を追い風に、これまでより上質感を打ち出した新型車を活発に投入したことが功を奏した。

スズキは33年間首位の座守る

   ただ国内全体の軽販売は06年度がピークになるというのが業界の共通認識。それでもホンダ日産自動車などが軽強化に乗り出しており、ダイハツの1位の座は安泰とは言えない。限られた有望市場を各メーカーが激しく奪い合うことになる。

   全国軽自動車協会連合会によると、軽自動車全体の06年度の新車販売台数は前年度比4.2%増の203万570台と過去最高を記録。ダイハツのシェアは30.3%、スズキは29.8%だった。スズキは73年度にホンダを抜いて以来、33年間首位の座を守ってきたが、新型車攻勢を強めたダイハツにその座を明け渡した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。