スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷が7度目の優勝 世界柔道

トヨタ車用キャビンフィルタ-用塵防(よう じん ぼう)CT-106
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070918-00000056-san-spo
 【リオデジャネイロ=森田景史】柔道の世界選手権最終日は16日、リオデジャネイロで男女各2階級を行い、女子48キロ級で谷亮子(32)=トヨタ自動車=が2大会ぶり7度目の優勝を果たした。7度の制覇は世界選手権で男女を通じて最多記録。

 谷はアテネ五輪を制して以来、約3年ぶりの国際大会。3回戦でアテネ五輪の決勝で対戦したフレデリク・ジョシネ(フランス)から延長戦で効果を奪い優勢勝ち。決勝では前回優勝のヤネト・ベルモイ(キューバ)から内またで有効を奪い、逃げ切った。2005年暮れに長男を出産したが、母としての初の金メダル。

 女子無差別級では塚田真希(綜合警備保障)が初優勝。日本女子は1980年に始まって以来最多となる7階級でメダルを獲得。

 男子無差別級は棟田康幸(警視庁)が優勝し、不振の日本男子で今大会唯一の金メダルを獲得。同60キロ級の江種辰明(警視庁)は4回戦で敗れ、敗者復活戦で敗退した。

【関連記事】
・ 不振の日本救った!ママ谷が史上最多7度目の優勝飾る
・ 谷、ママになって初の金 北京へ弾み
・ 谷、日本勢初の「金」!ママでも「金」
・ 谷亮子、金メダル持って帰る!
・ 世界柔道 抽選で谷亮子は2回戦から

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。