スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルギーGPプラクティス3回目、フェラーリが1-2! トヨタ好調を維持

■初窯窯出し■送料無料■備前焼 湯呑(5客揃え)■渡邊琢磨窖窯(あながま)焼成左馬の陽刻あり
2007年F1第14戦ベルギーGPがベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキット(1周/7.004km、16日決勝44周/308.176km)で開幕し、15日(土)現地時間11時から60分間、プラクティス3回目が行われた。

ロバート・クビサ(BMWザウバー)にエンジントラブル、そして山本左近(スパイカー)にブレーキトラブルと思われるアクシデントが発生し、2人はセッション終了時間を待たずにマシンを降りている。

トップ5位までの結果は以下の通り。1位キミ・ライコネン(フェラーリ)1分46秒137、2位にフェリペ・マッサ(フェラーリ)1分46秒388、3位にフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分46秒507、4位にルイス・ハミルトン(マクラーレン)1分46秒782、5位ヘイキ・コバライネン(ルノー)1分47秒218。

トップ5位以外の日本勢は、ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)が6位、ラルフ・シューマッハ(トヨタ)が9位、ジェンソン・バトン(HONDA)が12位、佐藤琢磨(SUPER AGURI)が16位、ルーベンス・バリチェロ(HONDA)が19位、アンソニー・デビッドソン(SUPER AGURI)が20位、山本左近(スパイカー)が21位となっている。

ベルギーGP予選はこのあと現地時間14時(日本時間21時)から行われる。
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。