スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【G-BOOK mX】リアルタイム性を重視した「プローブコミュニケーション交通情報」

カールソン 1/5 EVO BE (ブリリアントエディション) 19インチ 国産用 5-114,3 【ホイルのみ】

トヨタ自動車が10日に発表した『G-BOOK mX』は、新たな機能として「プローブコミュニケーション交通情報」を搭載。G-BOOK mX対応のクルマから走行情報を収集することで、VICSよりも広範囲かつ高精度な渋滞情報サービスを実現している。

走行中のクルマから通信経由で情報を集めるプローブカー/フローティングカーの機能は、すでにホンダなど他社のテレマティクスでも導入されているが、G-BOOK mXの大きな特徴は「リアルタイム(性を重視した)プローブに大きなウェイトを置いている」(e-TOYOTA部友山茂樹部長)ことだ。過去に収集・蓄積したプローブ情報の活用も行われているが、それ以上に「いま走っているクルマ」から集まる渋滞情報の活用を重視している。

トヨタがリアルタイム型のプローブを重視する背景には、同社独自の内蔵型通信モジュール「DCM」の存在がある。DCM搭載時の通信料は定額になるため、リアルタイム型のプローブで高頻度なデータ送受信を行ってもユーザーのコスト負担は増えない。そのためDCM搭載車では5分ごとに渋滞情報の送受信を行うという。

なお、G-BOOK mXはDCMを搭載せず、Bluetooth携帯電話を接続して利用することもできる。この場合は通信料金がユーザー負担で従量制になるため、プローブ情報の送受信頻度はユーザーが任意で設定できる。

今回搭載されたプローブコミュニケーション交通情報はG-BOOK mX(および同mX Pro)のみに対応する機能であり、先代のG-BOOK ALPHAやレクサスG-Linkのソフトウェアバージョンアップによる対応予定はない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。