スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィオレンティーナ、トーニ抜きの挑戦

ミニフラワーベースバルゴ1002
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000017-spnavi-socc
 もう一度見る者すべてを驚かせたい、というのがチェーザレ・プランデッリ率いるフィオレンティーナの狙いだ。今回は初めてトーニを欠いての挑戦となる。

 クラブの計画は非常に野心的なもので、2010年にはスクデット(セリエA優勝)を争えるチームにならなければいけない。そのためにヨーロッパ屈指の将来性を秘めた選手たちを数名連れてきた。今年の夢はチャンピオンズリーグ出場権を獲得すること、そしてゆっくりと確実に成長することだ。プランデッリの手元には才能豊かで将来有望な選手たちがそろった。その全員を引き留められるかどうかは、プランデッリのやり方次第となる。

ディフェンス:
 少なくともシーズン開幕の時点では、レギュラーは去年と同じ4人だろう。しかしシーズンが進むごとに、両アウトサイドのジョーカーとして貴重なバルツァレッティや、ベルギーのバンデン・ボレの才能を頼りにする場面が増えてくるはずだ。ウイファルシの後継者の一番手はバンデン・ボレとなる。成熟しきったパスクアルや、“ 一兵士”にしておくには惜しいポテンツァなど、サイドの人材はそろっている。

 一方でセンターバックに関しては、ガンベリーニ、ダイネッリ、クレルドルップの集中力の欠如を考えると、もう少し何かが足りないという印象だ。オンドレイ・マズフは将来が楽しみな選手。GKのフレイは安定している。

中盤:
 システムによる部分が大きいだろう。1年前には、プランデッリ監督はリベラーニとモントリーボが共存できるという結論に達することができた...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。