スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<厚労省前局長>金品受領 「便宜図ってない」

ビスタアルデオワゴン コネクト 高級シートカバー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070830-00000046-mai-soci
 「妻同士がいとこの関係で身内の感覚。便宜は図っていない」。監督対象の社会福祉法人前理事長から高級車や現金を受け取っていた厚生労働省九州厚生局の松嶋賢(まさる)・前局長(59)は30日朝、埼玉県鶴ケ島市の自宅でこう釈明した。「脇が甘かった」とも語ったが、車検証を見せて譲渡の経緯を説明しながら「法律には抵触しないと思っている」と強調した。
 社会福祉法人「枚方療育園」(大阪府枚方市)の山西悦郎・前理事長(80)から松嶋前局長が譲られた高級車は計3台。現在使っている銀色のセルシオは譲渡時、中古車相場で400万円前後。山西前理事長の内妻が新車に買い替えるため、前理事長から05年11月、電話で「いらないか」と言われ、「もらっていいの?」と聞き返しながら受け取った。
 1台目は92年「がん手術後の退院祝い」として受け取った。01年には米国車キャデラックを提供された。2台はすでに廃車にしたという。
 現金は、松嶋前局長が24歳で結婚して以来もらい続けてきた。名目は新築祝いやリフォーム資金、飲食費など多岐にわたる。
 飲食費については、「冠婚葬祭なんかで金が掛かるだろう。飯でも食え」などと年に1回ほど、約10万円をもらっていた。総額では約350万円に上る。「同僚や部下との飲食に使った」という。
 新築祝いは88年、2階建ての自宅を建てた際に数百万円もらった。3~4年前にリフォームした際にも数百万円を提供された...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。