スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新製品]松下、Bluetoothで音楽を送受信できるSD対応携帯オーディオとHDDコンポ

先着順【クルマで楽しむ衛星放送】モバHO!衛星放送チューナー MBR0201A【カーセット黒】
 松下電器産業 <6752> は8月29日、SDメモリカードに対応した携帯オーディオプレーヤー「D-snap」シリーズに新たにBluetoothを搭載した上位モデル「SV-SD950N」を追加すると発表した。同時に80GBのHDDを搭載したSDステレオシステム「D-dock SC-SX950」も発表。発売日は2製品とも9月21日で、価格はオープン。実勢価格は「SV-SD950N」が2万5000円前後、「SC-SX950」は7万5000円前後の見込み。

【写真】

 「D-snap SV-SD950N」は、4月に発売した「SV-SD850N」の上位モデルで、新たに無線通信技術のBluetoothを搭載し、同時に発売するHDD搭載SDコンポ「D-dock SC-SX950」や携帯電話、カーナビなどから音声をワイヤレスで受信できる。反対にBluetooth対応機器に音楽を送信することも可能で、「D-dock」とのドッキング時は、新曲のプレイリストに登録した曲をワンボタンで転送できる。

 電車などの騒音を83%カットする「騒音キラー」機能を搭載するほか、高音質ドライバーユニットの採用で高音質再生を実現した。約90分のフル充電で、最長約60時間の連続再生が可能。本体サイズは幅35.0×高さ90.7×奥行き11.4mm、重さは38g。カラーはシルバーとブラックの2色。

 「D-dock SC-SX950」は、AM・FMチューナーとCDプレーヤー、容量80GBのHDDを搭載したSDミニコンポ。D-snap接続用のドッグを装備し、接続したD-snap内の楽曲再生や本体の充電ができるほか、D-snap内のSDカードに最大16倍速でHDDに保存した曲を転送できる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。