スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残価設定ローン対象拡大 日産自動車、小型車追加ほぼ全車種に

【 輸入照明 フロアランプ 】スチールグラステーブルフロア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070802-00000029-fsi-ind
 日産自動車は1日、3~5年後に一定額で買い取ることを保証し、月々数千円の安価なローンで自動車を購入できる残価設定型クレジット「日産ビッグバリュークレジット」の対象車種を同日から乗用車のほぼ全車種となる27車種に拡大すると発表した。

 日産は残価設定クレジットを昨年11月から高額車を中心に7車種で開始。ユーザーの評価が高いことから徐々に対象車種を拡大し、軽自動車も対象としていた。今回新たに「ノート」や「キューブ」などの小型車を追加し、ほぼ全車種に広げ、需要喚起を目指す。

 同クレジットは3~5年後に車種やグレード、走行距離によって異なるがおおむね販売価格の3~5割を残存価値として設定し、期間満了後に日産が設定価格で取得するサービス。中古車価格相場が残存価値を下回った場合でも、設定価格で買い取ることを保証する。

 例えば200万円の車種で5年後の残価率が5割だった場合、100万円の5年ローンで自動車を取得することが可能。頭金の額にもよるが、月々数千円の支払いで購入することも可能だ。

 日産は現在の自動車購入者の約1割が同クレジット利用者としている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。