スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2007 F1日本GP 開幕目前】ハミルトン旋風はいかに? 富士入賞狙うトヨタ/ホンダ

F1グランプリ 2006 VOL.3 Rd.13~Rd.18/モーター・スポーツ[DVD]

超新星ルイス・ハミルトンの活躍に沸く、2007年のF1グランプリシーン。全17戦のカレンダーも、すでに11戦を消化した。

なにしろ、今年のF1の中心軸はハミルトンだ。名門マクラーレン・メルセデスが育てた秘蔵っ子ルーキーは、デビューから9戦連続表彰台(そのうち2勝)の快挙。第10戦ヨーロッパGPでこそ、マシントラブルに起因する予選時のクラッシュなどがあって、F1で初めて表彰台およびポイント獲得を逃す結果に終わったが、続くハンガリーGPではチーム内に漂うキナ臭い確執の雰囲気やフェラーリとのスパイ疑惑騒動の余波などを気にもせず、見事に3勝目を挙げて見せた。「ブリヂストンのワンメイクとなった今年のタイヤに、もっとも早く適合できたのがこの新人」などの讃辞もやまない。ハミルトン旋風だ。

では、今季の本命と目されていた先輩ドライバーたちはどうしたのか? そう、ミハエル・シューマッハ引退後の覇権を競うと見られたトップ2、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)とキミ・ライコネン(フェラーリ)である。

ともに今季はチームを移籍したわけだが、マシンへの慣れの問題なども解決したようで、新人チームメイトに話題とポイントの両面で先行されていた05〜06年王者アロンソが、ヨーロッパGPではフェリペ・マッサ(フェラーリ、今季2勝)を終盤の肉弾戦の末に逆転、今季3勝目を得た。しかし、アロンソは次のハンガリーでチーム内のゴタゴタ(新人が速すぎるがゆえに、さまざまなゴタゴタが生じているのだが)に巻き込まれて失速、盛り上がりかけたハミルトン追撃ムードに水を差されてしまった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。