スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一汽トヨタ、上半期の経営業績と中古車業務の新展開を発表

旧車 絶版車/トヨペット/コロナ/1500DX/昭和39年式/RT20型/(同型車次回入庫予想)予測不能
一汽トヨタ汽車販売有限公司は杭州市で18日、メディア向けに上半期(1-6月)の経営業績と中古車業務における新しい進展を説明した。同社の高層管理職によると、同期の同社の新車月間平均販売台数が約2万台、1-6月の累計販売台数が11万1000台であった。年初に定めた計画に比べ、目標達成率が107%に達した。このうち、クラウンの販売台数は前年同期比134%となり、ヴィオスは同141%で、プラドは同174%に達した。発売されてから7月31日までの2カ月間、カローラの受注台数は2万6500台、カローラEXは1万台で、2車種の合計は3万6500台となった。注文したユーザーの待ち時間を減らすために、天津一汽トヨタは11月から実施する予定の2交代制を10月に前倒しして実施する予定。中古車業務について、同社は「スマイル認証中古車」業務を開始した。カローラ、ヴィオスなどは、厳しい検査と徹底した整備と清掃を経た後、「スマイル認証中古車」として販売されている。(編集DS/K)

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。