スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2007 F1日本GP 開幕目前】混雑回避を狙った3つのアクセス方法

FUTERA UNIQUE GRAND PRIX トレーディングカード 2006

今年の「F1日本グランプリ」の開催地は富士スピードウェイ。新生・富士では初めてのF1開催となるわけだが、思えば、富士スピードウェイが2004年シーズンを丸々“お休み”しての大改修を決行、F1開催に必要とされるFIA(国際自動車連盟)の「グレード1」認定獲得も誇らしげに生まれ変わったのは、05年初頭のことであった。

新生3年目にして早くも実現する、夢のF1開催。1976−77年という遠い昔の2開催以来となる“富士F1”は、いったいどんなかたちで行なわれるのか。あらためて確認してみよう。

まず、開催日程は9月28−30日。昨年までの鈴鹿での日本GPが10−11月開催だったことと比べると、すこし早めになる。そのためもあって、従来は最終戦もしくは最終戦のひとつ前のラウンドであった日本GPだが、今シーズンは全17戦中の第15戦ということで、うしろに2戦を残すスケジュールとなった。

現在の、混戦になりやすいポイント制度と絡めて考えると、富士でタイトル決定となる可能性はあまり高くないが、消化レースになる恐れも極めて低い。マクラーレンとフェラーリによる激しいタイトル争いは、間違いなく富士まで続いているはずだ。チャンピオン争い以外にも注目点は多く、トヨタ、ホンダといった日本メーカーチームの上位進出、スーパーアグリ&佐藤琢磨の奮戦、さらにハンガリーGPからスパイカーでF1復帰する山本左近の走りにも注目が集まるだろう。

さて、肝心かなめのチケット販売についてだが、「チケット&ライドシステム」という方式をとっていることが、今回の富士F1の特徴である...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。