スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県中越沖地震 自動車6社、生産中止の影響11万台

melody./Sincerely
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070724-00000002-fsi-bus_all
 ■リケンが操業、出荷再開

 新潟県中越沖地震の発生から1週間を迎えた23日、操業停止が続いていた自動車部品大手、リケンの柏崎工場が生産、出荷を再開した。これを受け、生産休止を余儀なくされていた自動車メーカー各社も順次、工場の稼働を始めた。ただ、24日分も含めた減産台数は、トヨタ自動車など6社だけですでに11万台を超えた。しかも、フル操業に戻るにはまだ時間がかかるなど影響が残るため、最終的な減産台数がさらに大きく拡大するのが確実だ。

 一部工場で生産を再開する24日分を含む減産台数は、トヨタが約5万5000台、スズキが約1万8000台、ホンダが約1万2700台、ダイハツ工業と三菱自動車が各約1万台、マツダが約4500台で、計約11万台に達する。台数を公表していない日産自動車やトラックメーカーを合わせると規模はさらに大きくなる。

 トヨタは24日にグループ28工場31ラインのうち12工場20ラインで生産を再開するが、残る16工場は休止。ホンダもグループ4工場のうち2工場は23、24日で再開する一方、2工場は24日も休止する。マツダは24日までに全2工場を再開する。

 一方、日産の全6工場は23、24日も休止し、25日から再開する。三菱自動車の全3工場も再開は25、26日になる。

 スズキは引き続き24日も3工場を休止。ダイハツ工業は24日までに3工場は再開するが1工場は休止が続く...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。