スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警視庁流出資料にあった暴力団と芸能プロの名前

【徹底値下げ、一台限りの40%OFFセール特価】ROVER(ローバ)折畳みFDB166(BRグリーン)
 6月上旬、警視庁北沢署の巡査長の私物パソコンから、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて約1万件のファイルが流出するという前代未聞の事件が起こった。これには、暴力団関連の捜査資料も含まれており、暴力団と芸能界の黒い交際についても、スキャンダラスに報じられることとなった。
「スポーツ紙や週刊誌でも、嘉門洋子や元レースクイーンのSの名前が挙がり、大物暴力団組長の“情婦”として報じられましたが、この資料の情報ソースは暴力団に偏っているような内容。タレント側への裏取り調査がされた形跡はなく、信ぴょう性についてはなんともいえない」
 そうコメントするのは、警視庁捜査四課の関係者。ただし、同氏によれば、そのような噂が流出資料に記されたのには、根拠がないわけではないという。
「嘉門との関係を示す資料に名前が記されていたのは、山口組系暴力団後藤組組長の後藤忠政ですが、後藤組の動向に詳しいマル暴担当に聞いても、嘉門が愛人だったという話は聞いたことがないという。ただし、流出資料の中には、後藤の渡航記録がありますが、これには、2000年、後藤と一緒に嘉門が香港に行ったと書かれている。これは確かなようです」(同)
 当時の嘉門を知る芸能関係者も、「嘉門が後藤の愛人だったことはないと思う。嘉門は後藤の愛人である女性と仲が良く、その子に誘われて後藤と香港に行ったんだと思いますよ」と語る。
 この情報が本当だとすると、警察に“情婦”の烙印を押された嘉門はまさに被害者...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。