スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米新車販売トヨタ2位 上半期 燃費好感、フォード抜く

AZワゴン(フロアシフト) チェック柄フロアマット 一台分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000023-san-bus_all
 【ワシントン=渡辺浩生】米国の自動車調査会社「オートデータ」が3日まとめた今年上半期(1~6月)の米市場での新車販売台数によると、トヨタ自動車がフォード・モーターを抜き、ゼネラル・モーターズ(GM)に次いで初めて2位となった。トヨタは前年同期比8・8%増の133万1074台と過去最高だった。

 燃費効率に優れた日本メーカーが軒並み販売を伸ばす一方、リストラを進める米ビッグスリーはいずれもマイナス。上半期の各社合計の販売台数は1・5%減の約825万台。

 トヨタはハイブリッド車に加え、カローラなど小型車の販売が好調。5位のホンダもフィットなどが好調で、3・5%増の約76万7000台と過去最高。日産自動車は4・6%増、マツダも8・5%増えた。

 これに対してフォードは11・3%減少、GMも6・8%減の約188万台、ダイムラークライスラーの北米部門は1・5%減った。

 一方、米自動車メーカー各社が3日発表した6月の米市場新車販売台数によると、GMが前年同月比24%減(営業日調整済み)に落ち込むなどビッグスリーは軒並み減となった。

 GMの6月販売台数は32万0668台と前年同月の40万7513台から大幅に落ち込んだ。フォードは24万7599台と前年同月比8%減。トヨタ自動車は24万5739台と前年同月比6%増だった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。