スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所得公開:最高額は丸木県議の7349万円 知事・県議の06年所得など公開 /埼玉

松任谷由実/acacia(アケイシャ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070703-00000120-mailo-l11
 ◇上田知事は1734万円
 政治倫理の確立を目指す条例に基づき、知事と県議の06年1年間の所得と新たに取得した資産などが公開された。上田清司知事の所得は知事給与と講演料などの雑所得約80万円を合わせて1733万9325円で、昨年を約20万円上回った。県議1人当たりの平均所得は2091万円で、前年比1万円の減少。
 上田知事と県議89人が公開した。4月県議選で落選した加藤清氏と永沼正人氏、羽生市長選に出馬した相馬宏雄氏は、06年中の在職期間が1年に満たないため公開義務はない。また、今年4月1日時点で会社役員などを務める48人は「関連会社等報告書」も提出した。
 06年の所得が最も多かったのは丸木清浩氏(自民)の7349万円。理事長を務める埼玉医科大や社会福祉法人の給与が大半を占めた。神山佐市氏(同)は不動産賃貸による約3000万円と役員報酬などで2位。昨年1位だった佐久間実氏(無所属)は不動産賃貸の所得が約2000万円にとどまり8位だった。
 会派別の平均所得は▽無所属2465万円▽地方主権の会2245万円▽自民2243万円▽共産1615万円▽民主1430万円▽公明1382万円――の順だった。
 新たに取得した資産を報告する「資産等補充報告書」は24人が提出。土地相続や株、ゴルフ会員権の購入が目立った。石田昇氏(今年4月落選)は富士通や松下電工など3万1000株を取得。神谷裕之氏(自民)も三菱自動車工業や旭化成など3万株を取得した...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。