スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイシン精機、アルミダイキャストの新工場を建設へ 九州

エイベックス・エンタテインメント move/REWIND~singles collection+~(CCCD)

アイシン精機は、熊本県下益城郡城南町にエンジン部品を生産する新工場「アイシン九州キャスティングを8月1日に設立すると発表した。自動車生産台数が増加している九州地区で生産体制を強化する。

同社は、九州地区では1993年にアイシン九州を設立し、ボディ部品の生産を開始した。その後、トヨタ自動車向けの増産対応として2005年からエンジン部品の加工工程を追加した。

今回、トヨタからのエンジン部品の受注拡大に対応し、国内アルミダイキャストの生産能力の増強を図るため、九州地区で新たに一貫生産を行う新工場を建設する。

新会社の資本金は10億円で、アイシン精機が100%出資する。工場は2008年9月に操業する予定で、2010年度には従業員200人、売上げ78億円を目指す。投資額は約100億円。

新会社にアイシン九州のエンジン部品と、アイシン軽金属、アイシン精機西尾工場の九州向けのエンジン部品の生産を集約し、九州地区での生産・調達率の向上を図る。

新会社は、アイシン九州と同一の敷地内に建設し、タイミングチェーンケース、オイルパン、シリンダーヘッドカバーなどのアルミダイキャスト製品を鋳造から加工・組付まで、樹脂インテークマニホールドを成形から組付まで一貫生産する。

アルミダイキャスト事業はアイシン精機の主要事業の一つで、国内外でのグループを含めたアルミダイキャストの生産量は、2006年度約33万トンから 2010年度には約44万トンまで拡大する見込み...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。