スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型ベンツ、割安感を前面 ダイムラー、7年ぶり「Cクラス」全面改良

H19・レクサスLS VER-S 5,000km【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】
 独ダイムラー・クライスラーの日本法人であるダイムラー・クライスラー日本(DC日本)は22日、高級車「メルセデス・ベンツ」の入門モデルで最量販車種の「Cクラス」を7年ぶりにフルモデルチェンジし発売した。活況を呈していた高級車市場にも陰りがみえるなか、戦略的な価格設定と強力なPR作戦で新たなユーザーを開拓する。

 新Cクラスは1795ccの「C200コンプレッサー」、2496ccの「C250」、2996ccの「C300」の3タイプ。それぞれにベンツの伝統的なフロントグリルデザインを踏襲した「エレガンス」と、フロントグリル中央にベンツのマークを配してスポーティー感を打ち出した「アバンギャルド」の2モデルを用意(C300はアバンギャルドのみ)。「C250」は9月下旬に発売する。

 最先端の安全性能に加え、エンジンの出力アップとボディーの軽量化で走行性能を向上。新たにHDDナビゲーションシステムを全車に標準装備するなど装備も大幅に充実した。

 最低価格がC200コンプレッサー・エレガンスの450万円と、ナビを標準装備していない旧型の同モデルと比べ20万円下げた。新型には従来の下位モデル「C180」を設定していないが、全体的に割安感のある戦略的な価格設定とした。販売好調なライバル車のBMW「3シリーズ」とほぼ並ぶ価格だ。

 また、23、24日の土日に都内で、同社としては初めてとなる大規模な試乗会を開催するなどPRを強化し、既存ユーザー以外の顧客も開拓したい考えだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。