スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪魔なものは預けろ!「レンタル収納」

お金が貯まる!楽しみながらできる節約のコツ400
 家にモノがあふれ、「レンタル収納スペース」を利用する人が増えている。預ける物は衣料品、靴、釣り道具、ゴルフバッグ、本、LPレコード、高級自転車などが多い。自宅のクロゼット代わりに使えるのが魅力で、専門業者の出店ペースも加速中だ。

●早朝にゴルフバッグを取りに行く
 三井物産の子会社「ストレージ(英語で保管の意味)プラス」は、3月に南麻布に1号店をオープンした。賃貸マンションの1階部分を改装した施設内に、0.7坪から1.3坪のスペース41室がある。
 同社の渡辺貴衡社長はこう言う。
「生き物、食べ物、ワイン、絵画、危険物以外は保管できます。利用者は個人が多く、事前にルームキーが付いたICタグを渡します。施設の正面ドアを開けるとき、ICタグをドアの脇のセンサーにかざせばOKです。施設内に入った後は、キーで自分の借りた“ルーム”を開けます。24時間、365日、荷物を出し入れできます。早朝にマイカーでゴルフバッグを取りに来るゴルファーもいるようです。現在、空きスペースは2、3室だけです」

●月額利用料は1万6000円台から
 月額利用料はスペースによって違い、1万6905円から2万6730円。保証金など一切不要だ。荷物への保険は未加入なので、万が一、破損や汚れがあっても自己責任となる。

●温度・湿度をコントロール
「寺田倉庫」も昨年8月、東急東横線学芸大学駅に近い住宅街に24時間、利用できる「セルフストレージ」1号店を出店。約140室のほとんどは契約済みだという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。