スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPER AGURI、新しい空力パーツを投入

2007モナコフォト/スーパーアグリF1 佐藤琢磨 1
Q:グラハム、いよいよシーズン中盤に入りましたが、今年のこれまでのSUPER AGURI F1 TEAMについて、あなたの考えを聞かせてください。
グラハム・テーラー:あらゆる面でチームは予想以上のパフォーマンスを見せてきたと思う。毎回のレースに向けての準備作業がはかどったのは、ふたりのドライバーの組み合わせのおかげだと言えるだろう。F1での経験が豊富な琢磨(佐藤琢磨)に、技術的な能力が高いアンソニー(アンソニー・デビッドソン)が加わり、すぐにいい関係が生まれ、エンジニアリングチームはレースの週末を通したすべてのセッションで2台のマシンから役立つ情報を得ることができるようになった。これがチームの全員への刺激となって、多くの場面でわれわれの本来の実力を発揮することができた。

われわれの当初の目標は、他のF1チームと戦えるようなチームに成長し、1ポイントを達成することだった。現時点ですでに4ポイントを獲得しているが、ハングリー精神は増すばかりで、チームはさらなるポイント獲得を目指して、闘志を燃やしている。アンソニーがポイント獲得を果たす日も遠くはないだろう。

Q:次のマニクールでのレースで、チームとドライバーが挑戦することは?
テーラー:実際、5週間のうちに4回もレースがあるので、マニクールへの準備作業自体が挑戦だと言える。遠征レース先から荷物が戻るのを待って、短期間でマシンの準備をしなければならないし、レースの間にテストもあるので、SUPER AGURI F1 TEAMのような小規模チームにとっては負担がとても大きい...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。