スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスGP - フリー走行1回目 フェラーリが1-2で逆襲開始!

■送料無料■備前焼 花入■渡邊琢磨窖窯(あながま)焼成多彩な変化のある『ゴマ』が魅力的 石...
2007年F1世界選手権第8戦フランスGPフリー走行1回目が29日(金)日本時間17時(現地時間10時)からフランス、マニクール・サーキットで行われた。

カナダGPで大クラッシュを経験し、一晩モントリオールの病院に入院していたロバート・クビサ(BMWザウバー)は、ドクターストップによりアメリカGPを欠場していたが、今回は初日からの参加となっている。

また、セッション序盤、北米2連戦で初優勝を含む2連勝を飾ったマクラーレンのルイス・ハミルトンにメカニカルトラブルが発生し、ハミルトンのマシンはピット戻された。そのままセッションを終えるかに見えたが、ピットでの懸命な作業を経て、ハミルトンは残り30分になろうとする時点で再び走行を開始している。

90分のセッションを終え、トップに立ったのは1分15秒382を叩き出したフェラーリのキミ・ライコネン。

同じくフェラーリのフェリペ・マッサが1分15秒447をマークし、2番手。フェラーリ勢のみが15秒台のタイムをマークし、「完ぺきな一週間」だったとライコネンが語ったシルバーストーンテストの成果を見せつけている。

3番手にはマクラーレンのフェルナンド・アロンソが1分16秒154で続いている。チームメートのハミルトンは1分16秒277の6番手につけた。

Honda Racing F1のルーベンス・バリチェロは1分16秒990で13番手。ジェンソン・バトンが1分17秒047で14番手に続いている。

トヨタのヤルノ・トゥルーリは1分16秒603で10番手、ラルフ・シューマッハは1分17秒168で17番手となっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。