スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話向けに3割配分…地デジ移行後の空き周波数帯

ハンドルを握ったまま簡単・安全操作マルチステアリングリモコン ECR-1600
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000013-yom-bus_all
 総務省の情報通信審議会(総務相の諮問機関)の専門分科会は27日、テレビの地上デジタル放送への完全移行で生じる電波の「空き周波数帯」について、再配分計画を答申した。

 空きとなる計130メガ・ヘルツの周波数幅のうち、携帯電話向けに最も多い40メガ・ヘルツ幅を割り当てる。

 携帯電話向けの周波数帯は、電波が遠くに届きやすく、基地局建設の投資負担も減る可能性が高い。また、画像や動画配信などのサービスがやりやすくなり、携帯電話の混雑緩和にもつながりそうだ。

 既存業者に配分するか、新規参入業者に優先的に割り当てるかなど、具体的な割り当て先は未定だ。

 一方、デジタルラジオなどの「テレビ以外の放送」には32・5メガ・ヘルツ幅が与えられる。CD並みの音質のデジタルラジオや、携帯電話やゲーム機、カーナビゲーションなどの携帯端末に画像や音楽を配信する「マルチメディア放送」に活用される見通しだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。