スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琢磨「ペナルティーは本当に厳しい」

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 だいすき!ぶぶチャチャ 6【キッズ】 BANDAIVISUAL BCBK-0985
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070624-00000003-fliv-moto
佐藤琢磨(SUPER AGURI)はインディアナポリスのスチュワードが下した、アメリカGP中の出来事の後にペナルティを与えるという決定に“満足していない”ようだ。

琢磨はイエローフラッグが振られている中、1コーナーでジェンソン・バトン(Honda Racing F1)をオーバーテイクしたとスチュワードが裁定したため、来週のフランスGPで10グリッド降格しなければならない。

その裁定が下りるまでに琢磨はスピンを喫してリタイアしたため、レース中、ペナルティは課されなかった。

このことが一旦公になると、琢磨は1周目が終わると彼をパスしようとしたのはバトンだったとすぐに主張した。

「僕たちはこの決定に満足していません。僕はこのことも1コーナーでイエローフラッグが振られていたことも分かっていました。とても明らかなことです」

「ストレートでジェンソン(バトン)がすぐ後ろにいて、僕のスリップストリームに入っているのが分かりました。彼はイエローフラッグに気づいていないと思いました。彼がオーバーテイクしようとして、僕たちはサイドバイサイドになりましたが、1コーナーに入ると、彼は躊躇(ちゅうちょ)して早めにブレーキを踏みました。彼が作戦を中止したのだと思いました。だから僕はポジションを守れたのです」

また琢磨は、1コーナーのマーシャルの位置がコーナーに近すぎたことが問題だと語った。

「あの出来事が起きる前、50メートルしかありませんでした...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。