スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベストインテリア賞にホンダ フィット…米誌

プロジェクトμ MAX700 リア用 ブレンボ ブレーキパッドプロジェクトミュー

米の自動車雑誌、『ワーズ・オートワールド』が、編集者、読者、業界のプロの投票を中心に車のベストインテリアをカテゴリー別に発表した。

目立ったのは米ビッグ3とホンダの健闘だった。ユニークなのはワーズのスタッフが選んだベストインテリアと業界プロ、一般投票によるベストインテリアが併記されていること。結果は次のようになった。

●カテゴリー
上段 ワーズスタッフ:車名
下段 一般投票:車名

●エコノミーカー
:ホンダ・フィット
:ダッジ・キャリバー
●ポピュラーカー
:サターン・オーラ
:サターン・オーラ
●プレミアムカー
:ボルボS80
:リンカーンMKZ
●ポピュラーCUV
:ホンダCRV
:サターン・アウトルック
●プレミアムCUV
:キャデラックSRX
:キャデラックSRX
●ポピュラートラック
:シボレー・シルバラード
:シボレー・シルバラード
●プレミアムトラック
:リンカーン・ナビゲーター
:キャデラック・エスカレード

ベストインテリアは快適さ、安全性、デザインのハーモニーなどを審査の対象として選ばれた。

また、総合ではない細かいディテールでは、ジープ『ラングラー』が「ベストブランドエクスプレッション」、インフィニティ『G35』が「ベストインテリアトリム」、クライスラー『シブリング』が「ベストカップホルダー」をそれぞれ受賞。また、全体の快適さがナンバーワン、と評価されたのはレクサス『LS460L』だった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。