スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダの次期デミオ ミラーサイクル搭載 1リットル23キロの低燃費

【スタンダードチョロQ】58 マツダ デミオ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000020-fsi-ind
 マツダは31日、燃費性能を大幅に高めた新エンジン(排気量1300cc)を新開発、7月に国内販売する新型コンパクトカー「デミオ」に搭載すると発表した。CVT(自動無段変速機)を組み合わせることで、ガソリン1リットル当たり23キロメートルの燃費性能を実現。現行のデミオに比べ約20%改善するという。

 自動車の燃費を向上させるためには、エンジンの仕事量を意味する「膨張比(爆発した燃焼ガスの膨張の大きさを示す指標)」を高めることがポイント。新開発の「自然吸気MZR1・3リットルミラーサイクルエンジン」では、ピストンの形状を変更することにより膨張比を高め、異常燃焼を防ぐ機構も採用した。これにより、優れた燃費性能と滑らかで爽快(そうかい)な走りを両立できるという。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。