スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型販売店でホンダが攻勢 東京にまず4拠点、愛知・大阪でも展開

K&N - REPLACEMENTエアフィルター シビックホンダ HONDA 純正交換タイプ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000000-fsi-bus_all
 ホンダは東京都内の販売強化の一環として、大型販売店の新設を加速する。当面は今夏の北池袋(板橋区)への出店をはじめ、2008年度末までに三鷹(三鷹市)、南大沢(八王子市)、池上(大田区)の4拠点を開設する予定。新たな土地取得も計画しており、新設店はさらに増える見通しだ。これら新設店の一部店舗は08年秋に発売する高級車ブランド「アキュラ」の専門販売店として活用することも検討する。

 新設する4拠点の敷地面積は2700~4000平方メートルの大型販売店で、10~15台を同時に点検・修理できるサービス工場を併設する。点検・修理の対応力を強化することで、顧客満足度を高め、既存ユーザーの買い替えを促進させたい考えだ。

 ホンダは国内四輪車メーカーとしては最後発のため、都心部での店舗展開は先行する他メーカーが立地条件の良い場所に進出済みで、他メーカーに比べて店舗網が手薄だった。ホンダの今年6月1日現在の都内の店舗数は、日産自動車の3分の2程度にあたる107拠点にとどまっている。

 また、サービス工場も小規模で、同時に点検・修理できる台数は3、4台程度という店舗が多かった。

 同社は昨年3月、従来3系列あった販売網を「ホンダ」系列に統合し、全車種を並売する改革に着手。約1000社あった全国の販売会社は基本的にホンダの連結販社を減らし、地場資本の販社に移管する方向で統廃合を進めており、今秋には860社程度に減少する見通しだ...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。