スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵みの証し10年ぶり 「ホンダワラ」育つ

6/12(火)までホンダ エレメント YH2 F)245/40R20 R)245/40R20 注)1 WORK VARIANZA D3S (WBC) ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000008-ryu-oki
 【本部】本部町にある浜崎漁港内の水深3メートルの海底で、ウニやイカなどの稚魚が生息する褐藻類「ホンダワラ」が高さ3メートルまでに育っている。
 ホンダワラは、水質の良好な場所に生え、3メートルから6メートルの長さにまで成長する。昔は6月ごろになると枯れてちぎれた状態で浜に打ち上げられ、農家が畑の肥料などとして使っていたという。
 海中に潜って確認した本部町在住の中村秀雄さん(77)によると、浜崎漁港内で茂っているのが確認されたのは約10年ぶり。
 中村さんは「ホンダワラは海の健康のバロメーター。昔はホンダワラを探せばスクやカツオの餌となるキビナゴがいると言って、海人(うみんちゅ)たちが探して歩いたものだ」と懐かしんだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。