スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和飾った名車:商店街にずらり 長岡で展示会 /新潟

スズキ 新型セルボ 18/11~ デラックス
 1954(昭和29)年式の日産オースチンなど昭和の車を集めた展示会が3日、JR長岡駅前で開かれた。商店街に人の流れを取り戻そうと地元団体などが主催。高度経済成長期を支えた懐かしのデザイン、エンジン音に訪れた人はタイムスリップした感覚を味わっていた。
 名古屋市など全国から137台が参加。旧ダットサン(日産)のフェアレディ2000(68年式)や、新潟全県を表す旧「新」ナンバーも見られた。今ではタクシーなど特種車両以外にはないフェンダーミラーを付けている。
 「もう部品がないので自分で作っています」と苦笑するのは、かつて建設業界の花形だったダイハツの2トン三輪トラックCM8(70年式)で宮城県塩釜市からやって来た自動車整備業、椋本守さん(31)。内外装ともにピカピカだ。
 いすゞの117クーペ(79年式)に見入っていた長岡市曙町2の会社員女性(55)は「若いころ好きだった人がこれに乗っていたの」と照れていた。昭和の旧式エンジンを積んでパレードする車が、ハイブリッドカーとすれ違い、時代の流れを感じさせた。【根本太一】

6月4日朝刊
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。