スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ハニカミ王子”の先輩26位発進

ULTRA 永井電子 電装品 シフトインジケーター No.4500-50 青LEDカーボンモデル{限定販売}
 三菱ダイヤモンド・カップ第1日は24日、茨城県大洗GC(7156ヤード、パー71)で行われ、38歳のベテラン、桑原克典(38)が1アンダーの70で単独トップに立った。深いラフに硬いグリーン、風も吹いた厳しいコンディションで唯一のアンダーパーをマークした。ツアー初出場のアマチュアの薗田峻輔=そのだ・しゅんすけ=(17=東京・杉並学院高3年)は3オーバーの26位と健闘。前週に最年少優勝を飾った高校の後輩、“ハニカミ王子”石川遼に負けじと予選通過を狙う。

 薗田は初日の順位で前週の石川(70位)を上回る26位につけた。インからスタートし、14番パー3では花道からの30ヤードをチップインバーディー。300ヤードを超えるロングドライブも披露し、ドライビングディスタンスは2位。「いいショットをすると沸いてくれて、ギャラリーの歓声が気持ちいい」と集まる注目を力に変えた。最終9番で2メートルを3パットしたボギーが悔やまれるが「もっと上位も狙えますね」と手応えをつかんだ。
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。