スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代替エネルギーをめぐる盛んな議論--「Future in Review」カンファレンスで

燃料電池と水素エネルギー
 米国時間5月22日~25日に開催された「 Future in Review 」カンファレンスの10名ほどの講演者の意見によると、交通機関の燃料として全世界的に原油に依存するのは終わりにするべきだという。こうした考え方は、昨今ではさほど目新しくもないが、将来エネルギー消費がどういう形のものになるかという問いをめぐっては、多くの論議がなされている。電気自動車を使用するのか、それともハイブリッドか、バイオ燃料に移行するのか、あるいはまったく別の何かが登場することになるのだろうか。

 「The Economist」誌で地球環境とエネルギー問題の記事を書いているVijay Vaitheeswaran氏は、あるパネルセッションで「世界のエネルギーシステムは、現状のままでは根本的に持続不能だ」と語った。「われわれは今日、不必要に環境を汚染する非効率的な方法で燃料を使っている。そのせいで持続不能となっているのだ」

 それなら、今後はどうしたらいいのだろうか。解決策について一致した意見はないが、何が必要かに関してはたくさんの提案がなされている。次世代の交通機関向け燃料の資源は、環境を汚染せず、効率的で、大量かつ集中的に存在し、安全で、そして最も重要な点だが、安価でなければならない。

 Foutch Consultingの社長で石油産業に長く関わってきたRandy Foutch氏は、「米国におけるエネルギービジネスの方向性は『確実に安いものにしよう。次世代に持続可能な供給をもたらすかどうかという点については気にしないでおこう』というものだった」と述べた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。