スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米 FortiGate、米スバルディーラー600店舗に導入

【送料無料選択可!】スバル360ヤングSS(プレミアム・カー) 復刻版 名車シリーズ Vol.4 / 趣味教養
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000019-inet-inet
統合脅威管理(Unified Threat Management:UTM)ベンダー、Fortinet は2007年5月29日、Nuspire Networks 社が米国内のスバル(富士重工業)ディーラー600店に「FortiGate」を導入し、ノート PC ベースの診断システム「Subaru Service Diagnostic Systems」のセキュリティを強化した、と発表した。

Subaru Service Diagnostic Systems は、スバルが、自社サービス技術員の生産性と能率の向上のために開発したもので、耐久仕様のノート PC 上で稼働する。修理店や車両内で使用、サービス情報の取得、車両の診断、車両の電子制御ユニットの再プログラムなどができる。

ノート PC は各ディーラーの無線ネットワークに接続するが、車両識別番号(VIN:Vehicle Identification Number)、所有者の住所や連絡先、車両履歴などの機密情報を保護する、効率的な方法を見つける必要があった。

スバルでは、マネージドネットワークサービスプロバイダの Nuspire と協力、各ディーラーの拠点に合わせて構成したネットワークセキュリティ、およびブロードバンド サービスを開発した。

Nuspire では、各ディーラーのサービス ネットワークの保護にあたり、FortiGate-60 システムと FortiGuard Web フィルタリング サブスクリプションサービスを採用した。

これにより、車両の診断とサービスに必要な、スバルが許可した特定のインターネットサイトにのみ、技術員がアクセスできるようになる。URL の更新は FortiGate デバイスを通して直接行われる...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

富士重工業

富士重工業富士重工業(ふじじゅうこうぎょう)は、日本の重工業メーカーのひとつ。「スバル(SUBARU)」のブランド名で自動車などを製造している。ゼネラルモーターズの関連会社。英訳名は、Fuji Heavy Industries Ltd.。通称「富士重(ふじじゅう)」と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。