スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融経済概況:県内景気は「拡大」 日銀支店、9カ月連続で同じ判断--4月 /群馬

TwinAir(ツインエアー) パワーフィルター/外車 KTM 640 LC-4 DUKE 【キャブレター】【エアクリ...
 日本銀行前橋支店は1日、4月の管内の金融経済概況を前月に引き続き「拡大している」と判断した。昨年8月に回復基調を「拡大」に上方修正して以来、9カ月連続で同じ判断となった。個人消費の動向を示す各種販売統計は一進一退を続けているが、同支店は高級家具や貴金属、外車の売り上げなど従来、指標に反映されない消費動向から「県内の個人消費の底堅さが確認できる」との見方を示した。
 4月の金融経済概況は、個人消費は「底堅く推移」とし、以下、輸出「増加」▽住宅投資「振れを伴うも増加」▽設備投資「増加」▽企業生産「増加」▽企業収益「増加」▽雇用・所得「増加基調で推移」――といずれも好判断となった。特に個人消費が引き続き県内景気の拡大をけん引しているとした。
 ただ、個人消費部門の中で大型小売店、家電量販店の売上高がともに前年同月比0・7%減、乗用車新車登録台数が同2・0%減と不振だった。こうした点を踏まえた上で、同支店の後昌司支店長は「県内企業へのヒアリングでは高級品の消費が増加しており、ゴルフ場の利用客や高速道路交通量も今年に入って好転するなど堅調な面も多い」と述べた。さらに後支店長は「原油、原材料価格の高騰や県内主要上場企業の3月期決算が思ったほど良くなかった」とも指摘。今後の景気状況に含みを残した。
 同支店は今月、今年2回目の企業短期経済観測調査(短観)を実施するという。【木下訓明】

6月2日朝刊
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。