スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徐々に成果を上げつつある水素エネルギー開発

【送料・代引手数料無料!】☆太陽電池・燃料電池の可能性を実感!水と太陽の力で走る次世代ス...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000013-cnet-sci
 水素が燃料として普及するという考えには多くの人が懐疑的だが、だからといって研究が進んでいないわけではない。

 パーデュー大学の教授Jerry Woodall氏は、アルミニウムとガリウムの合金を水と反応させて水素を取り出す方法を発見した。Woodall教授によると、この生成技術を利用すれば水素を貯蔵する必要がないという。ペレット状にした合金と水をタンク内で混合すれば、小型のエンジン、つまり自動車のエンジン程度を動かす燃料が得られるというのだ。

 水素エネルギー開発では、最近ほかにもいくつかの研究が成果を上げている。そうした中でのこのプロセスの開発により、水素がこの先数十年の燃料になることに批判的な意見を一部退けられる可能性がある。水素は宇宙で最も豊富に存在する元素であるにもかかわらず、商業用に水素を製造するのは費用がかかるうえ、温室効果ガスを発生させてしまうという難点がある。水素燃料電池自動車の試作車も100万ドル近い費用がかかっている。国の研究機関の一部研究者も含めて、水素エネルギーを支持する人たちは、安価で、環境を損なわない生産方法が実現すれば、水素エネルギーが何種類かのモーターに利用されるようになる可能性があると考えている。

 アルミニウムは、ロケット燃料の燃焼促進剤にも使われているように、酸素と結び付こうとする性質が強い。したがって、アルミニウムのこの性質を利用すれば、水分子中の酸素を引きつけて、水素だけを気体として発生させることができる...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。