スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデンのグリーンテク企業と米国投資会社、環境技術で協力へ

【送料・代引手数料無料!】☆太陽電池・燃料電池の可能性を実感!水と太陽の力で走る次世代ス...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070515-00000014-cnet-sci
 米国は、いわゆる「グリーンテクノロジ」(地球環境に優しいテクノロジ)に関してスウェーデンに目を向けようとしている。

 Bush大統領は米国時間5月15日の午前、スウェーデンのFredrik Reinfeldt首相と会談する予定であり、諸テーマの中でもとくに、グリーンテクノロジおよび米国とスウェーデンとの2国間協力が話題になるものと見られている。

 しかし、グリーンテクノロジに関する協議のために、両国の要人が互いに交流をもつのは、なにも今回のReinfeldt首相とBush大統領の公式会談が初めてではない。実際、駐スウェーデン米国大使Michael Wood氏は、さきごろシリコンバレーを訪問してスタンフォード大学(カリフォルニア州パロアルト)で会合を開き、スウェーデンのグリーンテク企業30社を18のベンチャーキャピタリストに紹介した。

 Wood氏はCNET News.comの取材に応じ、Bush大統領とReinfeldt首相は、研究者と大学、企業が協力して代替エネルギープログラムの開発に取り組むことについて話し合う予定だと述べた。

 Woods氏がシリコンバレーの投資家集団と検討したスウェーデンの各企業は、米国のベンチャー資金から、いわゆる初期段階投資を得ることを望んでいた。米国のベンチャー投資家はこの数カ月ほど、環境関連企業に積極的に投資している。スタンフォード大学での会合に参加したベンチャー投資会社には、 Sequoia Capital までもが名を連ねていた。同社はまだ、代替エネルギー関連に投資した実績はない(少なくともこれまで公開されているものにはない)...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。