スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱自動車 「デリカD:5」二輪駆動モデル発売

07浦和レッズ/ホーム/半袖/ジュニア
 三菱自動車は22日、今年1月に発売した新型ミニバン「デリカD:5」に、二輪駆動モデル2シリーズを設定し、発売した。同社にとって虎の子の人気車種だけに、価格を抑えたモデルの追加で一層の販売増を狙う。

 発売したのは「C2」「ROADEST(ローデスト)」。1月に先行発売した四輪駆動車に比べて全高を4・5センチ下げるとともに、最小回転半径を0・2メートル小さい5・4メートルにし、使い勝手を向上させた。

 堅固なボディーで乗員を守る環状骨格構造など安全装備は四輪駆動車と同様としながら、「C2」は価格を四輪駆動モデルの最廉価モデルより約40万円安い222万6000円からと、割安感を前面に出した。

 「ローデスト」は「C2」をベースに、大型のエアロパーツを装着するなど内外装をスポーツ仕様にした。価格は261万4500円から。

 デリカD:5は発売以来4月末までに約1万2000台を受注。四輪駆動ワンボックス車でシェア30%と首位にたっている。月間の販売目標は、二輪駆動車を追加してもデリカD:5全体で2300台と当初計画と変えていない。しかし、すでに四輪駆動車だけで目標台数を上回っており、大幅な上積みを期待できそうだ。

 三菱自は、今年度に主力セダン「ランサー」をフルモデルチェンジして「ギャランフォルティス」として市場投入する予定。国内需要が低迷するなか、デリカと新型セダンで07年度の国内販売目標である25万台を達成したい考えだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自動車とか

大半がフロントエンジンだが、リアエンジン4WDはポルシェ 911、スバル・サンバー、シュタイア・プフ社のハフリンガーなどに存在する。またミッドシップ4WDはトヨタ・エスティマ(初代のみ)、ホンダ・アクティ/ホンダ・バモス|バモス、ランボルギーニ・ディアブロなどに設定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。