スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レクサスの頂に立つ」 トヨタがハイブリッド搭載車

シングルベッド(フレームのみ)レクサス(メープル)
 トヨタ自動車は17日、高級車ブランド「レクサス」の最上級セダン「LS600h/LS600hL」を同日から販売すると発表した。大排気量エンジン、高出力モーター、四輪駆動システムの3つを世界で初めて組み合わせたハイブリッド技術を搭載した点が特徴で、排気量は5000ccながら6000ccクラスに匹敵する動力性能を発揮する。環境や安全、静粛性など多様な側面からみても「従来の高級車の概念を超える」(渡辺捷昭(かつあき)社長)新型車の投入で、欧州製高級車からの乗り換えを狙う。

 搭載する「V型8気筒5000ccエンジン」は394馬力と強力で、加えて電気モーターも224馬力を発生。ハイブリッド機構により最高出力445馬力を発揮する。燃費も3000cc並みの12・2キロメートルを実現。さらに、パワーの利用効率を高め二酸化炭素(CO2)の排出量は6000cc車の半分程度に削減するなど、「走りと環境」の相反する性能を高いレベルで両立させた。価格はLS600hが970万~1220万円、LS600hLが1330万円と1510万円。日本をはじめ30カ国以上で販売し、07年度約7000台(うち国内4000台)の販売を目指す。
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。