スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょう・あす横浜で「みなと映画祭」 育て!未来の巨匠

旧車 絶版車/スバル/初代レックス/360/カスタムL/水冷2スト/昭和48年式/K21型/(同型車次回入庫...
 ■学生が映画・CM制作

 自主制作映画サイト運営のブルーミング・プレイス(東京都中央区)は12、13の両日、学生が制作した映画と企業CMをメーンコンテンツとする映画祭「第1回みなと映画祭」を、横浜市中区の横浜情報文化センターで開く。上映する8本の映画の合間に映画祭を支援する東京電力などの企業CM(1本60秒)を流す構成。すべて学生の手作りで、その中から映画・CM界の“未来の巨匠”が生まれるかもしれない。

 映画祭は、ブルーミング・プレイスが企画・運営協力し、早稲田、慶応など首都圏の大学の映画サークルに所属する学生などで構成する「みなと映画祭実行委員会」が主催する。

 上映する映画のメーン作品は、脚本・演出から制作まですべてを学生が担当したオリジナル映画「Mogera Wogura」(モゲラ ヴォグラ)。約10カ月かけて学生が制作、費用は映画祭に賛同する企業の支援を受けた。キャストには、俳優の麿赤児(まろあかじ)さんや大杉漣(れん)も名を連ねる豪華な顔ぶれによる群像劇で、悩みや思いを抱える各世代、老若男女を描いている。

 シンガー・ソングライターのYUIさんの主演で話題を呼んだ「タイヨウのうた」を撮った小泉憲宏監督の学生時代の作品や東京や名古屋の学生の作品も上映される。

 これらの映画の間に学生制作のCMを流す企業は、東京電力と中古車のフレックス自動車販売、ブルーミング・プレイスの3社...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。