スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱自、米販売の底上げへ宣伝費を3割増の200億円に

07浦和レッズ/ホーム/半袖/鈴木啓太
 三菱自動車は米国市場での販売を底上げするため広告宣伝費を大幅に増やす。関係者によると、07年度は前年度比3割増の約1億7000万ドル(約200億円)を投じる計画。3月に発売した新型「ランサー」などの販促を強化する。08年3月期の北米事業は再び営業赤字になる予想だが、「今年度は収益に縛られず営業基盤を固める」(市川秀常務)ことが重要と判断。宣伝費の増額で、現地ディーラーに反転攻勢への強いメッセージを送る。

 米国市場の06年度の販売実績は約12万5000台で縮小均衡にようやく歯止めがかかった。07年度の台数目標は明示していないが、13万5000―14万台程度を見込んでいるようだ。

 昨年度は米ビッグスリーの値下げなど販売競争激化で、1台当たりの販売奨励金は3400ドル(05年度実績2700ドル)に増えた。今年は2800ドルレベルに落ち着く見通しで、その余力も宣伝費にまわす。




三菱自動車(株) - Yahoo!企業情報 - Yahoo!ファイナンス

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。