スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川洋三の産業ウォッチ 環境:トヨタ名誉会長の本音

燃料電池材料
「トヨタは米国の後を追っているだけだよ。米国が月面着陸を果たした後、次は環境だと言い出したときが、つい昨日のように思い出すね」   トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長は07年5月22日、東京都内のホテルで開かれた日本経済新聞社の日経アジア賞受賞者の祝賀パーティで、トヨタがなぜ環境戦略で世界の自動車業界をリードできるのかを尋ねた私にこう答えた。「米国がマスキー法を成立させるなど、環境政策を強めてくるのに必死に対応するうちに今日になった」という。    しかしそれだけではない。トヨタは、低公害車開発競争の初期にはCVCCエンジンを開発したホンダに遅れをとった。しかし業績の低迷に直面した90年代に非豊田家の奥田碩氏が社長に就任し、強いリーダーシップでハイブリッドカー「プリウス」の開発を成功してからは、グループ企業を巻き込んだ総力戦と先行投資で後発に隙を見せない強さを発輝した。   私は近著「クリーンカーウォーズ」(中央公論新社)の中で、その原動力はトヨタのモノ作りを支えた独特の生真面目さを、たえざる危機感をバネに強みに変えた経営力にあると指摘した。
   2007年3月期の連結決算では、本業のもうけを示す営業利益が前期比19%増の2兆2000億円と日本企業として初めて2兆円を超えた。トヨタ一強時代を生んだ背景には豊田家の求心力も欠かせない。   トヨタ自動車創業者の豊田喜一郎の父親で自動織機の発明者である豊田佐吉は、自動車の動力源としての蓄電池の活用に早くから注目し、その開発を奨励するなど、時代の先取り精神の持ち主だったが、奥田氏は自動車業界のトップ企業として、危機感をバネに、慢心しがちだったトヨタの体質を筋肉質に変え、先取り精神の象徴例として環境車開発に全力を注いだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。