スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「香り」で安全運転? 次世代のドライビングアシスト

 5月23日、パシフィコ横浜で自動車技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展」が開幕した。毎年行われてきた同展示会は今年で第16回目。車に関するさまざまな技術が紹介されるなかで、インターネットやGPSなどを利用した安全支援技術や、香りを応用して安全運転を促す技術などが展示された。

 マツダは、車の速度や位置などの情報をインターネットを使い収集する「プローブ」機能を利用した安全運転支援システムを展示した。このシステムでは、急ブレーキが行われた道路ポイントをプローブ機能で専用センターに集計し、危険が予測される地域を分析した地図情報「ヒヤリハットマップ」を作成する。さらに、天候や時間帯などの条件変化も分析し、マップに反映させる。これをカーナビなどの車載システムに配信し、音声などでドライバーに注意を促す。

 このヒヤリハットマップを提供するシステムについてはインターネットITS協議会と協力し開発。名古屋のプローブ情報を基にしたヒヤリハットマップを実際に作成し、実用化に向けて実験中だ。また、携帯電話の通信機能でヒヤリハットマップを受信する技術も展示された。危険地点に近づくと、電話機のバイブレーションで注意を呼びかける機能も備える。

 富士重工業は、路面の凍結情報をプローブ機能で集計し分析する安全支援のプロジェクトについて展示。同社は、官学産が連携した「つるつる路面ナビゲーター(通称つるナビ)」プロジェクトに技術を提供している...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。