スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタなど各社の世界生産が好調、けん引役は海外販売

スズキ車へのカーステ・カーナビの取付けに!ALPINE/アルパイン スズキ車用 取付キット UA-S65D
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000383-reu-bus_all
 [東京 25日 ロイター] 自動車8社による4月の生産・輸出実績では、トヨタ自動車 <7203> とホンダ <7267> 、スズキ <7269> 、ダイハツ工業 <7262> の4社が単月の世界生産で過去最高を更新した。国内販売は低迷しているが、輸出向けの国内生産や海外での現地生産が台数を押し上げた。日産自動車 <7201> や富士重工業 <7270> も、海外販売がけん引して世界生産は上向いてきた。
 トヨタの世界生産は、2カ月ぶりに前年同月を上回った。国内販売の不振が響き、輸出増でも国内生産は減少になったが、海外生産は、米国や中国が2ケタ増になるなど順調な増加となった。一方、米国向け輸出台数で28カ月ぶり、北米向けで21カ月ぶりに減少したが、これは主力小型車「カローラ」の輸出の一部を現地生産に移行したため。
 ホンダの世界生産は21カ月連続、スズキは24カ月連続の増加となった。ホンダは欧米の現地生産が拡大したほか、米国やアジア向けを中心に輸出が伸びた。また、スズキは、インドやハンガリー、パキスタンでの現地生産が2ケタ増となり、世界生産をけん引した。
 ダイハツの世界生産は12カ月連続で伸びた。軽商用車が減少傾向にあるため、国内生産は14カ月ぶりに減少。ただ、インドネシアでの生産をけん引役に、海外生産は前年同月比約3倍となり、全体の台数増を支えた。
 日産自の世界生産は、3カ月ぶりの増加となった...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。