スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発砲立てこもり男29時間やっと投降

のぼり旗 のぼり旗(外車・車検・板金用) 全20種 Z *ソフトグッズ*
 愛知・長久手町で暴力団山口組系の元組員・大林久人容疑者(50)が4人を撃ち、警察官1人が死亡した発砲立てこもり事件で、発生から約29時間が経過した18日午後8時48分、同容疑者が捜査員らの説得に応じ、自宅から出てきて投降。愛知県警は殺人未遂容疑で逮捕した。県警によると容疑者が発砲したのは計8発とみられるが、殺意は否定している。また、同日午後2時50分ごろには、人質となっていた元妻の森三智子さん(50)が自力で脱出した。 元妻を人質に発砲を重ね、警察官1人を死に追いやった大林容疑者が、あっさりと取り押さえられた。 午後8時半すぎに県警の呼びかけに応じ、大林容疑者は右手にペットボトル、左手に液体の入った袋を持ち、両手を上げる動作を繰り返しフラフラと自宅から出てきた。拳銃は持っていなかった。 大林容疑者は、捜査員らに包囲されていることを確認すると何事かわめいたが、捜査員から「持っているものを置きなさい」「携帯で話し終えてからでいいから」などと優しく呼びかけられ、スキを見せた瞬間に7~8人に取り押さえられ、路上に転倒。抵抗もせず、グッタリとしたまま午後8時48分、身柄を確保された。 大林容疑者の投降から6時間前の午後2時50分ごろには、人質となっていた妻の三智子さんが自力で脱出。県警によると、「トイレに行く」と言って、同容疑者が電話しているスキを狙い、高窓から逃げ出した。駆けつけた捜査員に背負われ、盾で守られ保護された...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。