スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーミュラ・ニッポン第3戦、小暮が最速タイムで今季初優勝

ワーク(WORK) ヴァリアンツァ(VARIANZA) T1S 19インチ 9.5JJ 5H/114.3 ライトニングシルバー ...
 F1に参戦する国内2大メーカー、トヨタとホンダが550馬力を誇るエンジンを各チームに供給し、F1さながらのフォーミュラー・マシンを操る22人の男が「日本最速」の称号を掛けて争う国内最高峰のレース、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン。3月のシリーズ開幕戦・富士スピードウェイから11月の最終戦・鈴鹿サーキットまで全9戦で行われる同選手権の第3戦が20日、栃木・ツインリンクもてぎ(62周、4,801km/周)にて開催された。

 第3戦の予選は、F1同様にスペシャルステージを採用。これは全車が同時に出走して限られた時間内でラップタイムを競う従来の方法ではなく、持ちタイムの遅い順に1台ずつが出走してタイムを競うというもの。ドライバーとしては自分より遅い他のマシンによって記録が更新できないという要因がなくなり、観客としても予選の間に次々と最速タイムが更新されていく様子を楽しむことができる。

 途中で降り出した雨にも左右された予選の結果は、2戦連続でポール・ポジションを獲得した松田次生(モバイルキャスト・インパル)、2位本山哲(アラビアンオアシス・インパル)、3位小暮卓史(ピア・ナカジマ)、4位アンドレ・ロッテラー(DHG・トムス)、5位ミハエル・クルム(アラビアンオアシス・インパル)。星野一義監督が率いるチーム・インパル勢が開幕戦から変わらぬ強さを見せた。

 フォーメーション・ラップから14時半に決勝レースがスタート。大半のマシンがレース中1回だけのピット給油を選択する中で、2回のピット給油をする代わりにマシンの燃料搭載量を減らして速さを重視した小暮は、開始わずか2周で本山と松田を交わしてトップに立つことに成功する...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。